住宅ローン

注文住宅 坪単価

住宅の価格と坪単価:安ければいいの?

 大きな特徴として、都道府県によって坪単価に大きなむ差があることが分かると思います。東京都の80万円以上から、地方県の60万円未満まで、地域によって実に20万円以上の差が生じています。
 そして、その原因の多くは、原材料の流通価格差ではなく、建物の工事費の半分を占める職人さんの人件費やその会社の管理費(人件費や事務費など)の違いによるものです。
 言い換えれば、県民所得と坪単価には、完全ではありませんが、相関関係があります。県民所得が低い県は相対的に坪単価も低く、同時に物価も低く、地価も低い。反対に県民所得が高いところは、相対的に坪単価も高く、地価も高く、物価も高いという傾向があるといえます。
 また、全国の都道府県単位で坪単価の違いがあるように、同じ県内でもその県の人口集中地域と過疎地域でも坪単価の違いは生じています。 そのため、坪単価で物事を考えるときは、自分の住んでいる地域の坪単価を知ることが大事です。
 また、平成15年と平成17年の2年間を比較すると、坪当たりの単価が5〜10万円も大幅に増えています。特に東京、神奈川で坪単価70万円以上から、坪単価80万円以上と10万円以上高くなり、同時に他の地域も5〜10万円程度高くなっています。逆に平成20年から21年にかけては,大幅に減ってきています。わずか2年間でこれだけの上昇は珍しいですから、景気低迷が一段落し、景気が少し上向いてきたことによって、家づくりにかける予算が大きくなっているのか、あるいは建築資材の高騰などが原因なのかも知れませんが、いずれにしても建てる側としては良い傾向ではありません。
 ただ、そうはいっても、タマホームなどに代表されるように、低価格路線で販売しているハウスメーカーも多くなりました。しかし価格が安いということが本当によいのかと言うと決してそうではありません。

大事なのは,その家族に適した住宅なのか否かと言うことです。

注文住宅 費用

注文住宅 費用の内容

家づくりの費用と言えば「坪単価」を思い浮かべる人が多いと思います。ところでこの坪単価の中に何の費用が含まれ、また何が含まれていないかを把握できていますか。
家づくりの総費用は、本体工事費、別途工事費、諸費用の3つに分けて考えておくことです。

本体工事費は基礎工事、木工事、屋根工事、給排水工事など建物本体に関わるものです。
ハウスメーカーがよく言う本体工事は,外壁に内側の工事のことです。外壁の外側の工事は含まれません。つまり,庭や植栽,アプローチなどの外構工事は本体工事とは別になります。また,道路から引き込まれるガス管や水道管,配水管などの工事も含まれません。これらを一式で 外構工事として取り扱われるのです。
よって,ハウスメーカーの本体工事が「最低限の住宅の費用をあらわす」と言う表現は間違いなのです。

別途工事費と諸費用は不明瞭なのでここで 後ほど 論じるようにしましょう。

ローコスト住宅について

二世帯などのローコスト住宅

  最近,建築事務所などでも よく 耳にする言葉が ローコスト住宅 です。以前は建築事務所に住宅を頼むのは 大邸宅 しかないってユーザーは考えてきました。でも 決してそうではなく,一般の住宅にまで建築事務所が関わる謳い文句として 簡単に使うのが この ローコスト住宅という言葉です。
  しかし,ユーザーはこの言葉が 魔法の言葉で「建築事務所に頼めば,住宅建築も何だか安上がりにできるらしい」と思ってしまう人がいるようです。特に,最悪番組「ビフォア・アフター」で嘘のような値段を さも本当のようにTVで取上げたものだから,一般の施工業者はむちゃくちゃ儲けている,だから,建築事務所に頼めば 普通に建てて 安あがりできるような印象をつくってしまいました。
 最悪番組「ビフォア・アフター」に出るような工務店や建築事務所は,ある意味 PR代も含めているので,通常より安い値段で受けているのです。しかも構造検討などしていないので,見た目の表層部だけを辻褄あわせしているだけでお涙頂戴番組になってしまっているように私には映ります。だから,地震や,台風に耐えることだできるのかどうかは大いに疑問です。

<<前の3件  1 2 3 4  



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。