住宅ローン☆注文住宅 ローンと費用 > 二世帯住宅 費用 > 二世帯住宅の形態:共用部分のあり方


住宅ローン

二世帯住宅 費用

二世帯住宅の形態:共用部分のあり方

一口に二世帯住宅といっても様々な形態があります。まず,所帯を二つにするか一つにするかと言うことです。つまり,キッチン・リビング・浴室と言った共用部分をどこまで 二世帯で共有するかと言うことです。

二世帯住宅では、親子両世帯の夕食が別々か一緒かで建物の形が大きく変わります。夕食が別々の場合、それぞれの世帯が独立した住宅としてキッチン、玄関、水回りを持っている独立二世帯がお奨めです。独立二世帯では世帯間の独立性を高めたいが親世帯の加齢配慮を考え行き来もできるようにしたい、というような相反する要望を実現していかなければなりません。これらを考えながら二世帯住宅の構成、つまり二世帯の居住スペースを一つの建物の中でどう組み合わせるかを決めていくことになります。遮音性や世帯間の行き来ができるかも二世帯住宅の構成によって左右されます。

<<住宅の価格と坪単価:安ければいいの? | 住宅ローン☆注文住宅 ローンと費用トップへ | 二世帯住宅の形態と費用>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。